読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SRSについていくことを決めた

自己手配でタイに行くことを決めたものの、情報が少ない!わたしがやったこと、疑問に思ったことを書いてみます

タイ5日目(術後2日目)

ヤンヒー病院の生活

7時ごろ血圧体温測定。

身体も拭いてもらう。


この日から歩くスピードもはやくなった。


お昼ご飯、なぞのタイ料理が出てきて心が折れる

f:id:thainiiku:20170101172239j:plain

蛍光グリーンのプルプルした何かが主食のようだ。

ちなみにジュースは飴を溶かした水のような味がする。

左下は豆と穀物みたいなやつを甘く煮てココナッツミルクと少し塩っけのあるドロドロに包まれているタイのデザート。


これに完全に心が折れたようで、夕食から洋食に変えてもらっていた。


この日からはあまり血圧や体温を頻繁に測らなくなった


廊下を歩いていたらアテンドで有名な某氏と遭遇。

ドレーンを見て大丈夫そうですよ、との言葉をもらう。

看護師より頼りになるぞこの方(笑)


夕方から、お腹が張って痛くなる。

便意はあるがなにも出ないし、横になるとお腹が張って痛くなるので看護師にお腹が痛いと言ってみる。


医師に電話連絡をしてくれて、薬を処方してくれた。

ショッキングピンクの液体で、匂いはムヒとかキンカンみたいな、そんな匂い。

それを飲み干して、改善されることを願いつつ。


バンコクの22時頃には日本の友人たちがあけましておめでとうと言い始めて疎外感(笑)

しかし現地時間の年越しまで起きていられずに今夜も早めに就寝。