読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SRSについていくことを決めた

自己手配でタイに行くことを決めたものの、情報が少ない!わたしがやったこと、疑問に思ったことを書いてみます

タイ6日目(術後3日目)

ヤンヒー病院の生活

6時前に看護師がくる。


入院中は毎日これに起こされるので、もう22時就寝で早起きした方がいい気がする。

実際入院中はやることもなく早寝の生活が続いた。


寝ぼけた頭でいると、この日は7時に腹腔鏡の先生がきた。

先生まで早い…


8時過ぎに朝ごはんが運ばれてきてご飯を食べて、散歩をしていると同じ日にオペした日本人に会った。


今まで不思議なくらい会わなかったけど、その子は開腹式で手術して三日間起き上がれなかったと言っていた。

腹腔鏡と開腹でここまで違うのか、とびっくり。



日本語スタッフの人が来てくれたので、シャンプーはいつできるか聞いたら看護師にお願いしておいてくれた。

日本語スタッフの人と某アプリで写真を撮って大笑い

タイの人自撮り好きみたい

待合室でも自撮りしてたし(笑)


お昼を食べてもシャンプーがこないので看護師に聞きに行ったら15時だと言う。

部屋にいると午前中会った日本人の子が、みんな集まってるからおいでと呼んでくれた。


遊びに行くと、SRS患者3人と付添人が1人(この人もftm)いた。

わたしたち2人を合わせて6人で楽しく話せた。


年末年始ということで休みも取りやすいから日本人も多いのかなー、と思ったり


付添人がいればその人と話せるけど、それでもほかの部屋のだれかと話せるのは気分転換になった。


陽気な看護師がシャンプーしてくれて、頭もさっぱりしたようで。

ドレーンは明日抜くと言われました。