読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SRSについていくことを決めた

自己手配でタイに行くことを決めたものの、情報が少ない!わたしがやったこと、疑問に思ったことを書いてみます

タイの交通機関

 

✳︎BTSスカイトレイン

日本の電車と大差ないけど、スカイトレインと言うだけあって高架上を走っている。

スクンビット線とシーロム線があって、サイアムで乗り換えできる。

いくつかの駅はMRT(地下鉄)や空港線と直結してる。

 

 

切符はなんとも簡素な機械で買う。人が多い駅は液晶のついた券売機もある。

大きな紙幣しかない場合は、駅員のとこに行くと言葉無しで自動的に両替してくれる。

 

入れた硬貨がなぜか出てくることがあるポンコツ券売機。

しかし諦めずに入れているといつか反応する。

 

設備自体は新しく、車内は液晶で広告が流れているほど。

扉が閉まる時は警告音のようなけたたましい音がする。

 

切符は磁気カードのようなタイプで、日本のように改札に通す。

ゲートがあいてから閉じるまで割と早いので気をつけて。

荷物が大きいと横から通してくれる親切駅員もいる。

大きい荷物は荷物検査されたりされなかったり。

 

切符の裏に路線図が書いてあるので、どっちの路線に乗ればいいか迷ったときは荷物検査してる人に駅名を指差しながら聞くと教えてくれる。

 

駅構内にはお店が並んでいる。

アソーク駅はターミナル21との連結通路に、サイアム駅は改札内にレートの良さで有名なスーパーリッチが入っている。

 

f:id:thainiiku:20170203162841j:image

画面右下から伸びている線路がBTSの線路

f:id:thainiiku:20170203162909j:image

BTSのホーム。ホームドア設置。

 

時刻表は見当たらないが待っているとすぐに電車はくる。

始発は確か5時半とか6時くらい。

 

 

✳︎MRT(地下鉄)

バンコクの地下鉄。

これもBTSやARLとの連結駅がある。

 

BTSのような磁気カードではなく、トークンと呼ばれる黒いコインのようなものを改札でかざす。

降車駅ではトークンを改札に入れる。

 

券売機は液晶付きの大きめの機械で、2人以上のまとめ買いができるものもあった。

これもお金が反応しないことがある(笑)

 

駅員のところはBTSのように両替だけでなく、実際にトークンを買えるので、券売機が混んでる場合はそちらに並んだほうが早いときもある。

 

駅構内に入るときは身体検査のゲートをくぐるが反応しても再検査されない。というかみんなアウト。

 

BTSと乗り換えできる駅はいくつかあるが、日本のように通路で直結しているのではなく、

一度外に出て標識に沿って歩く。

 

 

 ✳︎ARL(エアポートレールリンク

空港線

わたしたちはMRTのペッチャブリ駅で降りてARLのマッカサン駅に乗り換えた。

入国した日は特別遅いと感じなかったが、

帰国の日はなぜかものすごく遅く、そもそも電車がなかなかこなかった。

おかげで離陸にかなり余裕をもって空港へ向かったのに、混み合う出国審査も重なって搭乗時間ぎりぎりに飛行機に乗り込んだ。

かなり焦ったし税関で買い物できなくて残念。

 

バンコク市内の道はたしかに渋滞していて、一方ARLは渋滞がないが、どちらで空港に向かうかは考え物。

 

 

✳︎タクシー

とっても安い。

ヤンヒー病院からツーリストポリスまで8キロほど乗って80バーツほどだった。

ヤンヒー病院の送迎に来るタクシーはきちんとメーターを使ってくれた。

 

しかしながら街で捕まえたタクシーはどのタクシーもぼったくり。

わたしたちの捕まえ方が悪かったのかもしれないが、走っていて空車のタクシーを止めると200バーツだ、とか、メーターは使わない、と言われた。

 

事前交渉の時点でそういうタクシーだとわかったから乗らずに済んだが、

もし乗ってしまってからだとトラブル必至なのでかならず助手席の窓などから聞いた方がいい。

 

ちなみにボッタクリタクシーに乗らない選択をしたあとは歩きました。

歩ける距離だったし、ポケットWiFiとグーグルマップがあれば迷わず歩ける。

 

 

 

✳︎バス

こちらもとっても安い。

BTSのヴィクトリーモニュメント駅に大きなバスターミナルがある。

バスの数も膨大で、例えばヤンヒーに向かう18番のバスを見つけるのが一苦労。

4,5個のバス停に18と書いてあるし、歩道側にほかのバスが停まっていると車道の方で停まってしまうので自分でよく見る必要がある。

 

エアコンなしの赤いぼろぼろバスなら6.5バーツ。(20円弱)

どこでもエアコンが効き過ぎるバンコクで自然の風を感じて走るバスが気持ちよかった(ただし空気は埃っぽい)

 

エアコン付は23バーツと大幅な値上げ。あと運転が荒い。

行き先はどのバスも番号共通となっている。

 

料金は乗ってから一律で、運転手とは別に料金徴収係の人がいる。

おつりもきちんと渡してくれる。

 

降りるときはドア付近や手すりにある黒いボタンを押す。

乗るときはバス停で腕を斜め下に出すと停まってくれる。

が、黄色のエアコンバスに乗車中はバス停にいる人を無視して、次のに乗れと言わんばかりにクラクションを鳴らして通過するバスを見たので停まらない場合もある。

 

王宮付近のような観光地では案内係がいて、行きたいところを言うと乗るバスを教えてくれた(英語)

 

 

ヤンヒーで出会った日本人は、バスに乗って「何バーツ?!何バーツ?!」と聞いたらこいつに言葉は通じないと判断されてタダで乗れたと言っていたので、なんとも見習いたいメンタルの強さ。。。

 

 

✳︎トゥクトゥク

現地の人には手軽な手段、観光客にはぼったくりで有名なアイツ。

 

わたしたちは王宮めぐりをするときにMRTでフアラポーン駅に行き、そこからせっかくタイに来たからということでトゥクトゥクに乗りました。

 

駅から降りると明らかに外国人なのですぐ運転手が客引きにきます。

 

ワットポーに行きたい、というと300バーツだという。

高い、100バーツにして、というと勘弁してくれよ7キロもあるんだぜ?みたいに言われました。

運転手が提示した価格は200バーツ。

事前にワットポーへのアクセスを調べているときに見た人は150バーツでトゥクトゥクに乗っていましたが、こちらは二人だし、一人100バーツになったので乗りました。

 

f:id:thainiiku:20170221164124j:image 

トゥクトゥク。やたら中はピカピカしてた。

観光客相手だからとても気さくで、タイ語であけましておめでとうは「サワディーピーマイ」だと教えてくれた。

ちゃんとワットポーの入り口で降ろしてくれた。

運転はタイで乗った交通機関で最恐でした。